Z世代OLの思考

Z世代OLの仕事、副業、家庭のなんでも雑記ブログ

ワーママの転職がハードな理由 でも案外活躍しているママ多し!

少子高齢化が止まりません。

働く女性が増えて、そして女性が結婚・出産を恐れているような気がしています。

 

私も出産を恐れているDINKsです。(共働きで子供を持たない夫婦)

何故出産を恐れるか。それは、ワーママは転職市場で圧倒的不利 だからです。

 

ワーキングマザーが転職市場で不利になる理由

雇用主の偏見

一部の企業の雇用主や採用担当者は、ワーキングマザーは家庭と仕事を両立することが難しいという先入観を持っている場合があります。そのため、ワーキングマザーの応募を受け入れる前に、その人への仕事へのコミットメントや残業に対応出来るかなどの柔軟性について疑問を抱いています。

 

キャリアギャップ

ワーキングマザーは家庭の状況に合わせて一時的に仕事を離れたり、労働時間が減少することがあるため、その人のスキルや経験が時代遅れになったり、他の候補者よりも劣っていると見なされる可能性があります。

 

職場文化への適合性

 ワーキングマザーが家庭と仕事を両立させるために求める柔軟性やサポートが、雇用主の職場文化や慣習と一致しない場合、雇用主はワーキングマザーが職場に適合しないと判断する可能性があります。

 

これらの要因により、ワーキングマザーが転職市場で不利になることがあります。

でも、ワーキングマザーの大半は子供が出来るまで何年も仕事を頑張ってきた人が多いので、子供が出来たことで自分のキャリアが途絶えたり失速するのがとても怖いです。

こうした労働市場におけるワーママへの偏見と差別が、今の日本を含む先進国における少子高齢化を加速させていることは否定できません。

satorigachi.hateblo.jp

 

ワーママでも転職で内定を勝ち取るためには?

結論、今伸びている業界へ転職しよう

私はIT業界にいるのですが、IT業界などの今成長していて人手が不足している業界では常に人を募集しています。それも、未経験でも入れる可能性があります。

 

実際、私も今の会社で、別の業界からIT業界へ未経験で入社してきた30代の子持ち女性と同じチームで働いていたことがあります。

その人が仕事ができたかどうかというと・・・

 

はい。ちゃんと仕事できてます。

迷惑もかけられていません。

むしろ入ってきてくれてよかったと思っています。

 

よく、「未経験の子持ちが入社したら迷惑をかけるのではないか」と心配する方がいますが、迷惑をかけるかどうかはあなた次第。今までの人生経験で培ってきたものを臆することなく存分に発揮してくれたらいいのです。

 

活躍するワーママの実例

私の職場の未経験ワーママ女性の例ですが、私はその女性が大好きですし、職場のチームにもすぐに馴染み、即戦力として周りに評価されながら活躍しています。

ちなみにそのワーママさんは、とても賢い方で、京都大学出身。未経験分野の資格も取れちゃう努力家&秀才です。

これを聞くと「じゃあ私には無理」と思う方も多いと思います。確かに彼女は賢い。非凡です。しかし、それだけが彼女が組織に馴染んで活躍している理由ではありません。彼女は才能だけではなく、実際にこんな努力をされています。

 

・自分より5歳以上下の年齢の人にも謙虚な姿勢(変なプライドがない)

私はこの女性に「先輩!」と言われます。笑

私からすると年上なので恐れ多いのですが、年下にも謙虚でいる姿勢はかっこいいです。

年上からも年下からも好かれる素敵な女性です。

 

・学ぶ努力をしている

過去に社会人経験があったとは言えども、未経験分野の彼女は出来るだけ早く業界の慣習や知識をキャッチアップしようと勉強を欠かせません。

不明点があればすぐ自分で調べ、それでも分からなければ周りに質問をしたり、家に帰ってからも業務の資格勉強を行なっています。

 

・程よく人に頼れる&丁寧にお礼が言える

どれだけプライベートで仕事の勉強をしたとしても、やはりその会社独自のルールや慣習までは網羅できません。そこで仕事をする上ではどうしても周囲に質問をしないといけないのですが、彼女は自分で調べた上でも分からなければ謙虚な姿勢で周囲に質問をします。

そして時間を割いて教えてくれた人には丁寧にきっちりをお礼を言います。

 

人間力があればワーママだって転職は怖くない!

上記で私の職場のワーママの例を挙げたように、未経験であってもワーママの転職は本人の努力次第で実現可能です。

ただ、未経験の分野ほど転職した後も苦労するかと思います。

それでもその苦しい経験が、より豊かな人生・社会人経験となり、周囲から信頼される人となります。

ワーママでも諦めずに企業に応募して、努力する姿勢をアピールして内定を勝ち取りましょう!

全国のワーママさん応援しています!