Z世代OLの思考

底辺YouTuberの日常書き出しブログ

幸せにはお金がかからない

私は幸せの定義や、どうしたら幸せになれるのか?について興味があり、幸せに関する研究の記事を読み漁ることがよくあります。

 

巷の話題としては、FIRE(不労所得>生活費を果たして仕事を辞めること)や、セレブ婚をしたら幸せとか

色々なトレンドがあります。

ある程度の記事を読み漁ってきた私の知見から言うと、どれも不正解。

 

私が見つけた答えは

人と比べない

今ある幸せを噛み締める

足るを知る

ことです。

 

家族持ちの人は家族のみに何かあった時に助けられるくらいのお金は貯めておくべきですが、

それには何千万も何億もお金はいりません。

ただ、目の前の 自分の家族を見つめてください。

友達でもいいです。

ペットでもいいです。

自分が心を開けて信頼している存在を見つめる時間を増やしてください。

 

そして、自分の持っている 衣服、食料、環境などあらゆる自分が持っている物に目を向けてください。

部屋が散らかっているなら、あなたが豊かで沢山ものを持っている証拠です。

 

私達は常に欲に支配されがちで、お腹いっぱいに美味しいものを食べても、また食べたいと欲が尽きないように

煌びやかな服を買っても、また欲しくなる。

どれだけ娯楽を消費しても、まだ遊び足りないと思う。

人間というのは飽きることない欲求に支配されている生き物ともいえます。

 

そして、さらにその欲を無限に加速させるのが

他人との比較です。

近年のSNSでは、他人との比較をしてしまうような投稿が沢山溢れています。

上には上がいる。

そう見せつけるのがSNSです。

f:id:satorigachi:20240512131541j:image

 

他人がタワマンに住んでいようが、ブランド品を身につけてドヤ顔をしていようが、

あなたの価値は変わりません。

そしてあなたの価値を全て測る方法もこの世の中にはありません。

 

他人が何をしてようとしてまいと、あなたには関係のないことです。

あなたがやりたいこと、感じていること、好きなことだけに集中して、今ある幸せを噛み締めてください。

そうすれば人は 自分が幸せじゃないと悩まなくて済みます。

 

私も先日、自分のタンスに仕舞い込んである服の数の多さに驚いたと同時に

まだ欲しがっている自分がいることに驚きました。

しかしこれは、純粋に服が欲しいのではなく、

他人から見られる自分を考えた時に服が必要だと感じたのです。

自分の心からの欲求ではありません。

私はこれに気づいた時、マウントを取らないといけない相手とは距離を置こう、

自分がよくみられたい相手とも距離をおこうと思いました。

かっこいい、かわいい自分じゃなくていいんです。

それよりもっと、今の幸せをちゃんと見つめられる人間になりたいと思いました。